レディとドッグ

ペット保険の加入はお早めに【ペットの命を守るサービス】

小型犬を飼う

ブルドッグ

温度管理が必要

フレンチブルドッグは、小型犬なので室内で飼うようにしましょう。フレンチブルドッグは、鼻がつぶれているのが特徴で、体が小さいので気管も短く曲がっているため、暑さなどで呼吸がしづらくなることがあります。フレンチブルドッグを飼うときは、室内の温度を低くして、温度の管理を行うようにしましょう。特に夏場は冷房をつけて、室内の温度が上がらないように、気を付ける必要があります。湿度にも弱く、皮膚のアレルギーや皮膚炎などを起こしやすいので、室内の湿度を低くするよう、エアコンはドライ設定などを活用すると安心です。フレンチブルドッグは、皮膚にたるみがある外見をしているので、たるみの間に雑菌が繁殖しやすく、定期的に拭いて清潔にすることが大切です。

手に入れる方法

フレンチブルドッグは、全国のペットショップで手に入れることができます。ブリーダーや里親から直接譲り受けることもでき、ブリーダーを利用すれば、ペットショップで購入するよりも安く手に入れることができます。インターネットでブリーダーや里親を探すこともでき、ネット上でやり取りをして、引き取ることができます。実際に扱っているフレンチブルドッグの写真や、生後どれくらいなのかといった情報を、サイトで見ることもでき、希望に合った毛色や大きさの、フレンチブルドッグを手に入れることができます。フレンチブルドッグは、人懐こくて明るい性格なので、犬をはじめて飼う人にも飼いやすい犬種です。ブリーダーは、フレンチブルドッグの性格などを把握して育てているので、要望に合った犬を紹介してもらえるメリットがあります。